病院で薬を処方

加齢とともに腰痛や足の痛み、歩行困難などの症状でたら、推定患者集は約240万人といわれる「腰部脊柱狭窄症」の可能性があります。
背骨の中の神経の通り道の脊柱管が加齢により細くなり、中の神経や周りの血管が圧迫される疾患です。
50代以降に多く、放置すると歩けなくなることもある病気なので、早めに整形外科で治療をすることが重要です。
立ったり歩いたりすると腰痛や足の痛み、しびれが出るが、しばらく休むと再び歩ける、足の裏が冷たく感覚がない、休みながらでないと長く歩けない、背筋を伸ばすと足が痛くなるが前かがみなら楽になる、排尿・排便障害がある、足に力が入らず歩けないなど、ひとつでも症状が当てはまったら、整形外科で相談しましょう。

整形外科での腰部脊柱管狭窄症の治療として、まずは保存的治療法を試みます。
血流をよくする薬の内服や、痛みが強い場合はブロック注射・鎮静剤を併用します。
薬物療法以外では、運動・装置・物理療法などを用いて、家でできる簡単なストレッチや生活上での注意点などの指導が行われます。
保存療法で改善が見られず日常生活に支障がある場合は、手術を検討します。
脊柱管を広げ神経への圧迫を取り除きます。
顕微鏡や内視鏡を用いた低侵襲手術では、傷口が以前に比べて半分ほどの2、3cmで済み、術後の痛みを軽減することが可能です。
症状が間欠性跛行だけなら、神経を圧迫する骨と骨の間に脊椎用インプラントを設置する手術が可能です。
狭窄症は放置すると改善が難しくなるので、症状が出たら早めに整形外科を受診しましょう。