患者へ医者のアドバイス

首のヘルニア

ヘルニアというと、コシを痛める病気というイメージがあります。しかし、ヘルニアは腰だけの病気ではありません。
ヘルニアと1口に言っても様々な種類があります。腰のヘルニアは椎間板ヘルニアというヘルニアで、脱腸とよばれる鼠径ヘルニアなどもあります。
ヘルニアには正しい位置から飛び出すという意味があります。首の椎間板にもヘルニアは起こります。頚椎の椎間板からずいかつが飛び出す症状を、頚椎椎間板ヘルニアと言います。
頚椎椎間板ヘルニアになると、様々な症状がみられます。上肢や胸部に痛みとしびれを感じるようになります。
また、頭痛や吐き気、めまい、耳鳴りなどが見られ、進行すると歩行障害や尿失禁などを引き起こします。

しびれが起きる原因は、頚椎に神経が走っているからです。脳から発せられた命令は、知覚神経という神経を通じて手足などの全身に伝わっています。
神経根と呼ばれる神経が隅々まで行きわてっています。神経に刺激が加わる事で手足にもしびれなどの症状が現れます。
頚椎椎間板ヘルニアが進行するとお箸を持てないほどのしびれを感じたり、歩行を行なうことができなくなります。症状が現れてから進行までのスピードが早いので、早めに病院で治療を受けましょう。
検査や治療を行なっているのは、整形外科などです。手足を自由に動かす生活を守る為にも通院が必要です。安易な民間療法を行なって悪化したり、放置して取り返しがつかない事態になる前に治療を行いましょう。

姿勢の悪さ

頚椎椎間板ヘルニアの原因としてあげられるのは、姿勢の悪さです。首に普段が掛かる姿勢を控えましょう。また、運動や外傷によって発症することもあります。加齢で発症することもありますので、すぐに治療を受けましょう。

治療方法

頚椎椎間板ヘルニアの治療としてあげられるのは、患部を安静にすることです。無意識の内に首を捻ったり反らせたりする際にもダメージが加わります。病院で首を固定する装具を着けてもらう事で安静にすることが出来ます。

病院で薬を処方

頚椎椎間板ヘルニアの治療は、椎間板から飛び出した髄核の炎症を抑えるという事が大切です。病院では、消炎鎮痛剤や湿布といったものを処方してもらうことが出来ます。炎症を納める事で痛みも軽減します。

手術が必要になる

頚椎椎間板ヘルニアの症状が進行している場合は、手術が必要になります。ヘルニアの摘出手術を行なうという治療方法や、椎骨を固定する手術を行う治療方法があります。手術が必要になる前に病院に行きましょう。

ブロック療法とは

頚椎椎間板ヘルニアの治療方法は様々なものがあります。その一つが、ブロック療法です。星状神経ブロック・トリガーポイント・硬膜外ブロックといった治療方法で改善を図ることが出来ます。

歪みを矯正する

硬膜外ブロックの予防・治療の為に、整体やカイロプラクティクに通うという方法もあります。骨格の歪みから頚椎椎間板ヘルニアを発症してしまう可能性もあります。整体やカイロプラクティクで歪みを矯正しましょう。